ホントにあった、鍵の話。


こんにちは!
MADOショップ牛川通店スタッフです

街にセミの鳴き声が響き渡る時期になりましたね…!
セミの寿命って1週間という噂がありますが、それは嘘だという論文が発表されました
今年の夏も、セミの抜け殻をたくさん見つけられそうですね




さてさて、
本日は、
「鍵穴に鍵がスムーズに入らない…!」時の対処法についてお話します。

というのも、、、
自宅の玄関の鍵の調子が悪かったので、自身の体験談をお話します



なんだか鍵がかかりにくいなあ。。とは思ってはいたんです。
鍵をさしたときにスムーズに入っていかないので、
上下に振るような感じで鍵をさしていました。


鍵自体はかかっているし、
少し調子が悪いくらいだったらそのまま使っておこう
と思ってしばらくは何もしませんでした。


こういう体験って一度気になってしまうと、
ずっと気になりますよね



そして、
玄関の鍵が悪くなってしまった、、、という点も気がかりでした。

鍵がすんなり入らなかったので、
もしも、玄関の鍵を回している最中に、
鍵が折れてしまってはどうしよう。。


もしも鍵が折れてしまったとして、
・どうやって治すんだろう…
・一度玄関を壊すのか…?
・すごくお金かかりそうだな…
・帰宅時でも修理ってやっているのかな…


という疑問が浮かびあがりました。


でも、
そうやって悩んでいる時間がもったいないし、
今のうちに対策を取っておけば、
鍵が壊れてしまって大事になることは免れるのではないか、
と思い、直そう!という気持ちになりました。


c7ecaeda8d57d9bf9113123822eb51c8

そこで
以前ご紹介した、
鉛筆」を活用してみました!


鉛筆を鍵のきざみ部分に塗り、
鍵穴に数回抜き差ししました



とてもすんなり抜き差しできるわけではないけれど、
以前よりはスムーズに入ったな…!
思ったよりもできるやつじゃん!という感想でした

でも、もう少しスムーズに抜き差ししたいんだ!
という理由から、「潤滑材」を購入してみました。


すると、、、!
やっぱり「潤滑材」すごかったんです…!!


スムーズに抜き差しできるようになりました
これで、玄関の開閉をストレスなく行うことができます…!


この体験談がご参考になれば幸いです