【豊橋市・豊川市】台風が来る直前にやっておいたほうが良いことをサッシ屋目線でお話します!


こんにちは!
MADOショップ豊橋牛川通店スタッフです。

今回は、台風前に行っておいたほうが良いこと(サッシ屋視点)についてお話します。

①シャッターや雨戸を1度閉めてみる
これは、とてもとても大切なことです!
お客様とのお話で、「台風の時しかシャッター閉めないんだよねー」という方がいらっしゃいます。
手動のシャッターだと上げ下げするの大変だし、何よりもめんどくさいですよね…

ですが!窓を台風から守ってくれる戸いうことは、家族を守ることでもあります!
ちょっとめんどくさいですが、一度シャッターや雨戸を閉めて開けてみてください。

もしかすると、今まで使っていかなったことで動かなくなってしまっているかもしれません。
そんな時は、ホームセンターで販売してある潤滑スプレーをおすすめしています。
滑りが悪い箇所に入れるだけで、抜群に良くなったりするのでやってみる価値ありです!


もしも、潤滑スプレーもやったけれど滑らない…(戻らない)なんてことがございましたら、弊社にお問い合わせください!
台風が来る前後は予定が込み合いますので、余裕をもって今のうちにやっておくことが得策です!


②金網の入っているガラスをチェックする
この項目はすべての窓に関することではありませんが、大切なことなので記しておこうと思います。
金網が入っているガラスのことを、網入りガラスやワイヤーが入っているガラスといいます。
このガラスなんですが、ガラスの中に金網が入っていることでデメリットがあるんです。

それは、「熱割れ」という現象です。日中太陽に当たっているガラスの部分と、窓のフチに隠れているガラスの部分の温度差によってガラスにひびが入ってしまうことです。

「熱割れ」自体は自然現象です。しかし、このびびが入っているガラスを放置していると、台風の時に割れてしまう可能性があるんです。ひびが入っている状態はガラスが弱っている状態なので、台風や強風などが来る前に新しいガラスに取り替えることをおすすめします。


③養生テープを貼っておく(そのために養生テープを用意する)
養生テープは、あくまでもガラスが割れた時の破片が飛び散らないようにするためです。なので、シャッターをしなくても養生テープがしてあるから大丈夫!というわけではありません。
シャッターや雨戸をしつつも、念のために養生テープをしておくことが、一番丈夫です。


なぜかというと、以前の大きな台風の時に、シャッターをしていてもガラスが割れてしまったというニュースが流れてきました。これは、シャッターや雨戸の効果が悪いというわけではありません。シャッターや雨戸ですら打ち破ってしまうということなんです。なので、最大級の防災をするのであれば、シャッターや雨戸があっても養生テープを貼っておくことをおすすめします。



もしも、来年に向けて台風対策をしたいという場合は、以下の4点がご提案できます。
①シャッターや雨戸を取り付ける
②格子や目隠しを取り付ける
③飛散防止フィルムをガラスに貼る
④ガラスを防犯ガラスに取り替える

基本的にはこちらの4点をご提案しております。
もしかすると、現場次第では他のご提案ができるかもしれません。
なので、もしも気になる方がいらっしゃればぜひ一度お問い合わせして頂けると幸いです。