ガラスの種類と特徴について

こんにちは、スタッフの兵動です

前回サッシの素材についてでしたが
今回はそのサッシに入れるガラスについてです

まずサッシと同様に、用いるガラスによって窓の性能は異なります
住み心地はもちろん、省エネルギ―効果光熱費などにも大きく影響します。
そして、組み合わせるガラスにもさまざまな種類があります


住まいの中で用いられるガラスは、大きく『一般ガラス』『機能ガラス』に分類することができます。
今回は、『一般ガラス』の種類と特徴についてです

フロート板ガラス(透明ガラス・単板ガラス)
一般的な平板のガラスのこと。平面が平滑で歪みがなく、
透視性採光性に優れています。窓や建具、鏡などに用いられています。

●網入板ガラス 
ガラスに金属の網(ワイヤー)を入っているものです。透明のタイプと不透明のタイプもある。
ガラスが破損しても破片が飛び散らないように、金属の網が入っています。
に強いのが特徴で、火災の際の延焼や類焼を防ぐ効果を持つものです。
網入板ガラスは、破片飛散や脱落がしにくいのが特徴ですが、防犯性能が期待できるものではありません

●型板ガラス

ガラスの片面に型模様をつけた不透明もの。『くもりガラス(不透明ガラス)』が代表的。
光を通しながら視線を遮るガラスなので、
部屋の間仕切り近隣や道路からの視線が気になる浴室や洗面、トイレなどで用いられます。

●すり板ガラス
ガラスの片面に『珪砂』などで摺り加工をした不透明なガラスのこと。

今回はここまで
それではまた明日