豊川市で既に取り付けてある面格子を活かしながらシャッターを取り付けたいとの依頼をいただきました。

3e895002db24dc30869f04c69d59982a
こんにちはMADOショップ豊川南大通店の富永です

今回もシャッター取付工事をご紹介したいと思います

お客様のご要望としてすでに取り付けてある面格子を活かしながら、シャッター取付ができないかといった内容をいただきました
またシャッター取付に至った動機としては、サッシの上枠から風向きによって雨が侵入してくることが原因でした

サッシは、溝や戸車があり動かすための遊び(可動域)があるため構造上、風や虫、状況によっては雨も侵入してきます
5bd2dd9378def8e1faeccb1a12a38cb1
こちらが取付前になります
bc76b139e05500693b3dc25867ab420a
取付中です

下地の確認が取れ寸法を合わせれば面格子が付いている状況でもシャッターは取付可能です

私たちのカバー工法と同じ理念で、壊さずに活かす工法になります
3e895002db24dc30869f04c69d59982a
完成となります

昨日も通常の気象状況のはずなのに暴風警報が発令されるほど、雨風が強い夜でしたね

今までの歴史からすると異常だったとされることが、これから当たり前になるかもしれません

人間同様地球も生きているため、進化や体調の上下もあることでしょう

この環境対応できるようシャッターや雨戸といった防災対策商品は、ぜひティージー株式会社に依頼をください